MENU
職場の内部情報に強い!看護のお仕事↓

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時、1時間に5回以上睡眠時無呼吸が発生している場合を言います。(睡眠時無呼吸は上気道狭窄が原因で10秒以上無呼吸となることです。)

上気道狭窄は寝てる間に上気道壁が重力の影響で下へ下がってきます。そして上気道を塞いでしまうために、無呼吸状態が起きてしまいます。

肥満の人は、上気道狭窄が重力の影響によっておきやすく、睡眠時無呼吸症候群になる人の割合が多いのが現状です。

熊本 看護師 求人

スポンサードリンク