MENU
職場の内部情報に強い!看護のお仕事↓

面接のポイントと流れ

面接を受けるにあたっては、まずは第一印象を良くし、入職したいという思いを積極的に伝えることが大切だと思います。

身だしなみはスーツが基本で、着る前にクリーニングに出しておきましょう。また、髪が長い場合は後ろでしばって、清潔感を第一に出していくことが大切ですね。

人の見た目は、潜在的な部分で大きく印象に残るものです。この人ならうちの病院に来て欲しい!と思ってもらえるように、好印象を与えるようにしましょう。

面接の流れ

1.面接会場に向かうにあたって

面接会場は先方の医療機関になるケースが多いと思いますが、初めて行く場合は早めに家を出るようにしましょう。また、事前に到着するまでの道のりを頭に叩き込んでおくか、スマホですぐに調べられるようにしておきましょう。

面接会場には遅くても10分前までに到着するようにしましょう。

2.自己紹介&自己PR

面接がスタートすると、まずは自己紹介から行われます。履歴書に記載した内容にそって、自己紹介とこれまでの職務経歴を丁寧に伝えていきましょう。

また、この時に転職理由を志望動機を完結に伝えましょう。

3.面接官からの質問

一通りに自己紹介&PRが終わると、今度は面接官や採用担当者の方から質問されることになります。この時は、採用側が確認したいことを聞かれるのはもちろんですが、質問に対して的確に答えられるかという「コミュニケーション力」も見られています。

このため、自分が思っていること、考えていることを、素直に自身を持って答えるようにしましょう。そのために、想定される質問の答えを、予め準備しておく必要があるでしょう。

4.質問返し

一通り面接官からの質問が終わると、今度は逆に「何か質問や疑問点はありますか?」と聞かれます。ここで「何もありません」と答えてしまうと少し心象を悪くしてしまうので、事前にいくつかの質問を準備しておき、話題に出ていないものを質問しましょう。

熊本 看護師 求人

スポンサードリンク