MENU
職場の内部情報に強い!看護のお仕事↓

皮膚科の特徴

全身を覆っている皮膚だけでなく、毛髪や爪の病気を治療しているのが皮膚科です。皮膚科は外科系に分類されており、手術も積極的に行われています。近年ではアトピー性皮膚炎や水虫などの皮膚感染症、床ずれなどの創傷ケア、しみやしわに対する美容、皮膚の腫瘍などの治療などの分野でも注目が集まっています。

上記の中でもアトピー性皮膚炎はかゆみのある湿疹が出現し、増悪・寛解を繰り返す皮膚科の難治治療です。治療の主体はステロイド外用薬で、創傷ケアの場合は、糖尿病などによる足の潰瘍に対するフットケアも行います。

皮膚の腫瘍では、ほくろやイボなどを除去するフットケアも行います。皮膚の腫瘍では、ほくろやいぼなどを除去する日帰りの小手術を行います。また、巻き爪に対する手術やワイヤーによる矯正も行います。ほくろやいぼは形成外科、巻き爪は整形外科でも治療を行っています。

皮膚科による診療は、外来が中心です。簡単な手術も外来で行います。そして最近では、入院で寝たきりの患者の床ずれの創傷ケアも行います。

病院の経営上、患者の在院日数を短縮する必要があるため、在院日数が伸び勝ちな床ずれの予防や治療が最大の課題となっています。

でも、近年では創傷ケアに関する治療も進んでおり、傷の感染症を防いで湿潤環境を保つシート状のドレッシング材も開発されて傷が早くなっています。医療機関では創傷ケアセンターを設けてチームで治りにくい傷を治療していく態勢をとっているところも増加してきました。

さらに、美容皮膚科という分野も登場してきていて、美容が気になる人向けのスキンケアを中心に診療を行います。

熊本 看護師 求人

スポンサードリンク