MENU
職場の内部情報に強い!看護のお仕事↓

心得ておきたい飲食物と薬の相互作用

私達が普段口の中に入れている食べ物、飲み物の中には、薬と併用するのが
好ましくない場合があります。
ある特定の食品が悪いという意味ではなく、ある特定の食品と特定の薬が組み合わさった
場合です。
あくまでも組み合わせの問題なんですね。
以下に、代表的な飲食物と薬の相互作用についてまとめました。

飲食物 医薬品 相互作用
グレープフルーツジュース 高血圧治療薬(カルシウム拮抗薬)
睡眠導入剤(トリアゾラム)
めまい、顔面紅潮、睡眠作用の増強
牛乳・乳製品 テトラサイクリン(抗菌薬
ビスフォスフォネート(骨粗鬆症治療薬)
薬の吸収の低下
セイヨウオトギリソウ
(セントジョーンズワート)
経口避妊薬
ワーファリンカリウム(抗凝決薬)
テオフィリン(不整脈治療薬)
シクロスポリン(免疫抑制薬)
薬の効力の低下
アルコール飲料 トルブタミド
トリアゾラム(睡眠導入薬)
アセトアミノフェン
亜硝酸薬
血糖降下作用
短期記憶力の低下
ふらつき、めまい
肝障害
過度の血圧低下
カフェイン飲料(コーヒーなど) テオフィリン(気管支拡張薬 頭痛
コーラ、ビール アスピリン 吸収遅延
さば、まぐろ、ぶり イソニアジド(抗結核薬) ビタミン中毒症状
(顔面紅潮、悪心、頭痛など)
チラミン含有物
(チーズ、ワインなど)
イソニアジド(抗結核薬) 高血圧症状
ビタミンK含有食品
(納豆、ブロッコリーなど)
ワーファリンカリウム(抗凝血薬) 抗凝血作用の低下

熊本 看護師 求人

スポンサードリンク