MENU
職場の内部情報に強い!看護のお仕事↓

急性期病院勤めの看護師が転職した理由

急性期病院から転職した看護師


病院には様々な種類がありますが、その中でも比較的転職する看護師が多い職場が急性期病院だと思います。

急性期病院は忙しいというイメージが付き物ですが、スキルや経験を積むためにはもってこいの職場です。このため、やる気に満ち溢れた新人看護師にとっては人気の職場です。

しかしながら、実際に急性期病院勤めだった看護師が転職した理由には、以下のようなものが多いです。

残業や休日出勤が多く、体力的・精神的に限界を感じた

もっと一人ひとりの患者さんにじっくり関わりたい

激務が続き、体調を崩してしまった。

急変する患者さんが多く、展開についていけなかった

急性期病院は忙しいといいますが、その激務に耐え続けた結果、体調を崩してしまったり、中には精神疾患を患ってしまうケースもあるそうです。

このため、もし未経験の看護師が急性期病院に転職する時は、ある程度の覚悟が必要になると言えるでしょう。

また、急性期病院の特徴として、一人ひとりの患者さんの入院期間が短い点があげられます。急病や大きな怪我などで入院し、回復したら退院するか、療養型の医療施設へと転院するケースがほとんどです。

このような理由から、ゆとりを求めて療養型やリハビリ型の病院に転職される看護師もいます。

しかしながら、急性期病院は自分自身のスキルを磨くためにはもってこいの職場です。若手の看護師の方でしたら、1度は挑戦したい職場かもしれません。

熊本 看護師 求人

スポンサードリンク